未分類

バッカルファット 内頬肉噛む人の治療

投稿日:

** 40代以上に増えてくる 頬肉噛む 症状

地味に 地味に。 じみへん。

当院では 「地味だけど 対策がないと見過ごされてきた症状をどうにかする治療」
を常に考えています。

地味だけれど というのは

「歯科の先生に相談しても 流された 方法がないと言われた」 という内容です。

そんなの大したことないよ。
気のせいだよ。
そういうものだよ・ という具合に

具体的な治療や対処法を提案されなかった& 
気にするなと流されるような状態の対処法です。

これは 患者さんと雑談などお話をしている時、
こちらが患者さんの
お口の中を見て 「〇〇じゃないですか?」と お伺いすることから始まります。

患者さんは こちらからお話をすると「そういえば」と気づかれ、

このブログのようにネットで書いていると
「実は悩んでいるんです」と 直接ご相談のご予約が入ります。

* バッカルファットは虫歯・歯周病を悪化させる温床になりやすい。

虫歯治療で多い部位は
奥歯の頬っぺた側です。 噛む溝もそうなのですが
年齢が上がるにつれ 頬側(きょうそくと言います)の
歯頚部(しけいぶという歯ぐきとの境目のあたりです)が
虫歯になる人が増えます。

噛む溝は 子供時代の産物。
頬側歯頚部は 成人時代の産物。 
子供でこのあたりが虫歯になっている子はほぼいません。かなり稀
大人になるとどんどん増えてきます。

ということは 「清掃環境の悪化」 が原因として考えられます。 
簡単にいうと

歯ブラシが届かず
磨きづらい。磨けていない。
ということ。それで汚れがたまり、虫歯になります。

歯と歯の間や 溝が難しいのはわかります。 
ブラシの毛先も届きにくいので磨きづらいです。

しかし頬側は面ですので 
いくら歯頚部で境目があるとしても ブラシは届きやすいのに磨けていない 
状態になります。

原因の半分以上。。頬肉の歯への密着は目視でき、

頬肉が邪魔でブラシが届きにくい。 という事がわかっています。
しかし、今まで
その頬肉をどうするかという対処法を考え、施術する医院はありませんでした。

当院では院長が10年以上前より脂肪溶解注射を自身へ取り入れ
バッカルファットへの応用をしております。

* 大きな口を開けないで♪

奥歯、の奥を磨く時 皆さん意外と間違えているのが

大きくお口を開けると磨ける  と思われているということです。

実は 大きくお口を開けると 
筋肉と頬肉が内側へ倒れこみ、奥の空間が狭くなるので
逆に歯ブラシが届きにくく、入れにくくなります。

ですので 奥歯を磨くときには 口を閉じてください。

これは実際自分で今歯ブラシをもって 試してみると すぐわかると思います。

* バッカルファットは治療時にも大迷惑

地味に 凄く邪魔なんです。 
スタッフさんにバキューム(唾液を吸う機械)で押さえてもらっても
プルプル侵入してくるので 本当に奥歯の治療は大変。

ということは またまた  
「邪魔で機械がとどかない」ということは 
「普段の歯磨きでも歯ブラシが届きにくい」ということです。

年齢が上がると 内頬肉の粘膜も「垂れて」タルミがでてきます。
ちょうど お腹のようです。
すると さらに歯の上に乗るくらい侵入してきて
食事中に ガブっと噛むことが増えてきます。

口腔内を見続けていると この 粘膜のタルミと脂肪は
加齢変化だと強く感じます。

* 歯に密着する

脂肪があるので 歯にフィット。。

って フィット。。。って  フィットって~~~~~~

36度の気温のじめじめ湿気が多い生ごみ場 を思い出してください。

気温36度。&古い食材が放置してあるビニールで包んでいない 生ごみ場。

しかも雑菌が沢山いる場所です。

想像しましたか????  気持ち悪いですよね。

それが 口の中です。

唾液は様々な作用で その環境を洗い流して 緩和してくれようとしますが

腐った食材がある時点で 雑菌の繁殖は防げません。

日本人は まな板や スポンジ除菌にこれだけ 一生懸命なのに
口の中の事へは 意識がないのが 不思議でしょうがないです。

綺麗な食材を 汚くして雑菌と一緒に食べている人。ですよ。。。。。。。。 
これ 歯科医からの警告です。

これくらい言っても わかってもらえていません。
何十年も歯科医は発信していますが 他人事で
華麗にスルー状態です。。。。。。 

発信力や プロモーションが下手といえばそれまでですが。 

衝撃的な事実を言わなければ 皆さん 「自分は違うし」と他人事です。

クリーニングに定期的に来られる方は増えてきていますが、
まだまだ「他人事」な人が多いです。

* バッカルファットを軽減するのは 環境を整えるため

狭くて汚れが取れにくい 箪笥の裏のホコリ。

箪笥をどければ 掃除機をかけやすくなる。

本当に単純な話です。

歯医者さんから「痩せてくださいと言われました」と言われてきた方もいらっしゃいます。

あのねー。ダイエットってそんなに簡単じゃないですよ。とその先生に言いたい。
でもね 気持ちはすごくよくわかります。言いたくなります。 

それぐらい治療中には邪魔な存在ですし、虫歯・歯周病の悪化の一つの要因です。

バッカルファットは ダイエットでも落ちないですよ。 とも言いたい。

年々下に垂れてきて ブルドックになるでしょ。 あれですよ。あれ。

痩せているおばあさんでも ブルドックいるでしょう?

バッカルは痩せにくい。 

物理的にブラシが届きやすい状態にするためには どうすればいいのか日々考えています。

** 気になり始めた & 自分はどうか 知りたいという方はご相談ください

-未分類

Copyright© ホワイトアクアデンタル TEL 045-311-6567 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.