ホワイトニング

本気で歯を白くしたい人の 究極の方法

更新日:

歯を本気で白くしたい! まずはここを読んでください。

RobinHiggins / Pixabay

歯を白くしたいと思ったきっかけは何ですか?

「歯が白くなって綺麗になりたい」 

「口元に自信を持ちたい」

「コンプレックスだった黄色い歯を白くしたい」

「モテたい。。。♪第一印象を良くしたい♪」

 

歯は自分へではなく 会話をしている相手へ自分自身を自己紹介しているアイテムです。

人の第一印象を決める順位で 「目」「歯」はとても重要です。
3秒で決まると言われる第一印象で勝負は 目と歯です。

 

ホワイトニングのカウンセリングをしているとかなりの方が
「ホワイトニングをした事がある」に 〇を付けてくださいます。
ホームもオフィスもした事がある。 でも お伺いすると

「う=ん。もうだいぶ昔なんです」 とか「1回だけしました」と言われます。

お一人ではありません。 
かつてホワイトニングをしたことがあり、当院へいらっしゃった方のほとんどがそうです。

「白さをキープするために来ました」という方はほとんどいません。
歯を見せていただくと天然の色調より白くなっているけれど 黄色味が勝っている状態。

可もなく不可もなく。という状態です。 一度はホワイトニングをしてみたけれど、こんなものかな?と思っているか
興味で一度はしてみたものの、白さへのモチベーションが下がっている状態。

それでOKな方なら またホワイトニングをしに行こう!と思わないでしょうから
恐らく、来院される動機は「なんとなく。もっと私 白くなるかな?」という
うっすらとした漠然とした期待をされている方が多いのではないでしょうか。

では、その期待をどのようにしたら 「自分も白くなった!」と現実化できるのでしょうか?

ホワイトニングは積み重ね

ええ?そこ?とおもわれるかもしれませんが、 究極の方法・ゴールデンルールと銘打ったからには

本当の事を書きます。 一度にMAXまで、他の方から「白いね!」と言われる程 白くなることはありません。

もちろん 施術の度に白く明るく変化していきますし、ベースは上がります。

他の人は「黄色い歯」をよく見ています。 ちょっとがっかり という感じです。
「普通の白さ」になると あまり見ません。というか気づきません。
「かなり白いレベル」で 清潔感が溢れる人だ!と思われたり 歯が白いですね!と言われ始めます。

元々黄色が強い方や、色の変化が起きにくい方は 回数を受ける事が重要になります。

*残念ながら「テトラサイクリン歯」の方は その回数がもっとかかるか、変化が少ないので

歯を削って差し歯にするより、やるだけやりたい。どのくらい変化するか知りたい。という方は試す価値はあると思いますが

シビア(重度)なテトラサイクリン歯の人へは ラミネートべニア等をお勧めします。

 

では、問題のない歯も早く白く綺麗にしたいからセラミックにすればいいの?と早急に考えられる方は待ってください。
歯は削るとその後のメンテナンスが物凄く大変です。歯ぐきがどんどん下がったり、見た目のバランスが崩れたり。

セラミック矯正のTVCMが流れていますが、歯科業界では大反対の声だらけです。
矯正と名のっていますが、差し歯です。
それだけ患者さん本人が後で苦労することが大きすぎるのです。

天然の歯は宝物です。 その天然の宝物をどう美しく磨きをかけるか、手をかけて大切にするかはご自身にかかっています。
天然のままで美しいならいいのですが、歯はホワイトニングをして初めてもっと美しくなります。

オフィスとホームホワイトニングの併用 + 毎日のブラッシングは不可欠

歯をかなり白くするためにはどうしたらいいの!?ということで。

まず オフィスホワイトニングとホームホワイトニングが 2大ホワイトニングです。

当院でいうホワイトニングはブリーチング(漂白)ですので 歯自体の色を白くしていくことを言います。
クリーニングではありません。

昔はホームホワイトニングしか薬剤が認可されていませんでしたので
歯を白くするのは マウストレーを使って2週間、一日3時間お薬に浸す方法だけでした。

もっと早く白くしたいという方は アメリカ本土かハワイへ行ってオフィスホワイトニングサロンで白くするしかありませんでした。

元々マウスピースのホワイトニングをするというのは、歯周病の予防方法、治療法として
消毒薬を入れたマウスピースをはめて歯を浸す研究をしていたら 歯が白くなったという事から転用されています。
ホワイトニングは歯周病の予防にも遠からず効果はあります。

ホームホワイトニングの難点は
「毎日の習慣になるまで モチベーションが下がってしまう」という事です。
2週間毎日3~4時間コツコツつづけましょう! と言っても なかなか続かなくて効果が出る前に辞める人が続出。

日本でホワイトニングが定着しなかったのはそのあたりと、
「歯が白くなくても生活に困らない」という風土です。

欧米では歯が白くないと「生活レベルが低い」とみなされますので、清潔感 第一印象が命。ビジネスにも影響します。
皆さん必死にケアをします。 欧米人の歯の白さは ケアのたまものです。

現在の日本では前より 「歯並び」や「口元の美しさ」が重要視されてき始めました。
インスタや動画アップで 自分の見え方を追求する人達も増えましたので
口元が自分で嫌でも確認できるようになってきたからです。

いままでは他人の目と鏡しかなかった判断が 自分の目を自分の動画や写真を通して見るようになると
歯の黄色さ、口元の様子に気づき始めてきているようです。

オフィスホワイトニングは ホームホワイトニングよりも早く効果が得られます。
1回でも白さが増しますし、目に見えて明るくなって楽しくなります。

難点は 「金額の高さ」と「痛み」でした。

1回10万円もざらだった時代もあり今でも3万円位が平均の世界。
ポリリンホワイトニングは価格でいえばかなり「低価格」です!20本でも1万円。

もっとホワイトニングを楽しんでもらえる人が増えて 自分の歯に関心を持ってもらえるようになれば
歯の健康意識が高まり社会貢献ができる。という ホワイトニングの意義と根底に流れるテーマがあるからです。

 

痛みに関しては 
根が出ている人もいるし、知覚過敏がもともとある方もいるし、エナメル質がうすい方もいるし 神経が太い方もいるしで
個人差がありますので こればかりは0ですとは言えません。

対策はありますが、ポリリンホワイトニングは別のホワイトニングに比べて痛みは少ないというのは確かだと
院長自身が体験してみて思います。

 

その二つのホワイトニングのいいとこどり。究極の方法・ゴールデンルール。

オフィスで白くし、ホームでキープ です!!!←王道。

オフィスで素早く白く上げ、モチベーションを落とさずに白い歯を手に入れ
カレーやコーヒー等の 生活でついてしまう着色(ステイン)をホームホワイトニングを都度使う事でリセットする。
時々再度オフィスホワイトニングを受けて ホームで補いきれない部分をメンテナンスすること。

白い歯になっていると「黄色にしたくない。汚したくない」と自然に思えます。

笑顔に気を付けるようになりますし、自分の歯の色も気になります。それ以上に

「歯白いね!!!」と言われる事の楽しさ♪♪

回数を重ねれば着実に得られる美しさ。 結果が得られる楽しさはホワイトニングの一番の楽しいところだと思います。

 

是非、お試し1回で「こんなものか。。。」と 結果を急ぐのではなく

コレクションの様にホワイトニングを3回は続けてみてください。きっともっと自分の歯が好きになると思います♪

そうなると一生懸命磨くようになり、どうしたらキープできるか頑張りたくなりますし
そこから将来虫歯と歯周病のリスクがかなり減ります。

ということは 「自分の歯で一生噛める」だけではなく「若々しい美しい白い歯で人生を過ごせる」という事です。

まだ黄色い歯の人が多い日本で 白い歯の人になればそれだけで好印象です。
笑顔も自信が持てるようになり、ビジネスや恋愛でもメリットは沢山。

美は一日にしてならず。と名言がありますが、歯も白くするには着実な積み重ねが大事です。

長文を読んでいただきありがとうございました♪♪

 

ホワイトニング大好きです(^^)

-ホワイトニング

Copyright© ホワイトアクアデンタル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.